remark初の試み、音声配信形式による記事です。今回は、株式会社ツクルバの新規事業「KOU」についてご紹介。KOUに関わっている「tsukuruba studios」デザイナーのバックグラウンドや込められている想いをお伝えします。

音声

パーソナリティ

file
左から 中村 真広(maa) 品川 悠樹(shina) 中田 成人(naru)

中村 真広 (maa)
tsukuruba inc. CCO(Chief Creative Officer)

1984年千葉県生まれ。2011年8月に株式会社ツクルバを共同創業。代表取締役CCOに就任。デザイン・ビジネス・テクノロジーを掛け合わせた場のデザインを行っている。

中田 成人 (naru)
tsukuruba studios デザイナー

1991年生まれ。UXデザインを軸にデジタルからアナログまで、アウトプットを問わないデザインを手がける。現在、新規事業「KOU」のデザイン全般を担当。2018年2月㈱ツクルバに参画。

品川 悠樹 (shina)
tsukuruba studios デザイナー

1990年生まれ。デジタルデザインとエディトリアル2つの領域を横断するデザインを得意としている。KOUではコピーライティングにも挑戦。2018年4月㈱ツクルバに参画。

tsukurubaの枠を超えた新規プロジェクト「KOU」の紹介となりたち

file
中村 真広 - KOUエグゼクティブプロデューサー

0:35 「KOU」とはどんなサービスなのか?

0:55 感謝経済とは?

1:45 「KOU」という名前の生い立ち

3:25 社外パートナー「HAL」とのつながり

5:10 ジレンマからの脱却〜やらないと決めていた新規事業〜

デザイナーの加入によって形となって行く「KOU」開発ストーリー

file
中田 成人 - KOUのサービスデザイン、アートディレクションを担当

9:10 KOUはWebサービスになっていたかもしれない?

10:00 デザイナーがチームに加わるきっかけとは?

13:15 どのような開発プロセスで作られたのか?

17:10 デザイン期間はどれくらいだったのか?

23:50  KOUのロゴやカラーの成り立ちとは? 〜ビジュアル面のスタディーから定まったサービスコンセプト〜

32:00 コミュニティメンバーの関係性の可視化を目指したUI作り

広告をバックグラウンドにもつデザイナーがコピーライティングに挑戦

file
品川 悠樹 - KOUのコピーライティングやWebデザインを担当

40:00 新たなデザイナーがメンバーとして加入

44:00 「コミュニティコイン」というワードの誕生

47:00 デザイナーならではのコピーライティング

50:00 男二人で考える、女性目線のユースケース

KOUの今後に向けて

file

54:00 仲間によって、思い描いていなかった方向に進んで行く心地よさ

57:00 「感謝経済」がキーワード

KOU サービスWebサイト: https://kou.by

iOSアプリ ダウンロード: https://itunes.apple.com/jp/app/kou/id1385303997

Androidアプリ 2018年年内リリース予定