こんにちは。カウカモ編集部のdaichanこと米谷です。(カウカモを運営する㈱ツクルバでは、ニックネームでお互いを呼び合う社風があり、今回はニックネームを使って行きたいと思います)

新企画のタイトルは、「住まい探しをコーヒーと。」。カウカモで初めて内見する方を対象に、都内のブルーボトルコーヒー全店で使えるコーヒーチケットをプレゼントする企画です。今回の企画はブルーボトルコーヒーの全面協力のもと、tsukuruba studiosのメンバーと一緒にコーヒーチケット、WEBサイト、そしてそれらを通した体験をデザインしました。

ここだけの話、短期間に全速力で走り抜けました(笑)(まだ終わってない)そんな多くの方々の協力でつくりあげたプロジェクトだからこそ、ぼくたちが届けたい想いも知ってほしい。それが伝わることで、みなさんの住まいとの向き合い方が変わり、暮らしの選択肢も広がると思っています。

米谷太揮
カウカモ編集部 プロモーションプランナー/プロデューサー

1987年東京都生まれ。広告業界にてリアルイベントを中心に各種プロモーション施策の企画に従事。2017年3月㈱ツクルバに参画。カウカモではイベント・PR施策を企画、プロデュース。ブルーボトルコーヒーで知り合いのバリスタさんに会ってはその度にニヤけている。

宍戸翔
tsukuruba studios デザイナー

1986年神奈川県生まれ。印刷物のデザインを中心に数社のデザイン事務所を経て、2018年4月㈱ツクルバに参画。印刷物の知見が深いことから、社内ではこっそり紙の神と呼ばれている。

東京の暮らしが愛おしくなる体験を届ける

カウカモとブルーボトルコーヒーのコラボレーションは、2018年1月に始まりました。

東京の街と暮らしの魅力を伝えたいカウカモ。
東京の街に根ざしたコーヒーショップづくりをしているブルーボトルコーヒー。

不動産とコーヒーという業界の違うブランドですが、「東京の街と暮らしの愛おしさ」を伝えたいという想いは共通していました。

そこで始めたのが、街歩きイベント。中目黒を皮切りに、清澄白河、三軒茶屋、六本木、1年で計4回行いました。コーヒーを片手にブルーボトルコーヒーの店舗がある街を巡り、カウカモに掲載している物件を見て、その街での暮らしを思いっきり妄想する。

イベント中はカウカモのメンバーが、参加者の方々に東京への愛を込めて街や物件を案内します、というか一緒に楽しみます。時にはブルーボトルコーヒーの店長さんまで、一緒に楽しみます。

自分の理想の暮らしと向き合って、ワクワクしながら街を歩いて、少し未来の自分の暮らしに想像を膨らませて。
それは「不動産」という堅苦しいイメージとは別の世界。
美味しいコーヒーと共に、自分の理想の街と出会う。
とってもポジティブな、住まい探しの世界です。

file
こちらは実際に物件を案内している様子。真ん中の帽子をかぶっているのは、カウカモ編集長の伊勢谷。一番笑顔です。

そんな世界をもっとたくさんの人に体験して欲しい。街歩きイベントでお会いできる方々以外にも、東京という街をワクワクしながら味わって欲しい。この想いを精一杯詰め込んで、「住まい探しをコーヒーと。」企画が立ち上がりました。

ここからは、そんな想いを乗せたクリエイティブのお話です。ぜひ実際に目で見て、手で触って、温もりを感じて欲しいと思っています。紹介は今回のクリエイティブを担当した、tsukuruba studiosのshoくんにパスしますね。

ブランドの温もりを届けるために。温度の伝わるクリエイティブ

みなさんこんにちは。tsukuruba studiosのデザイナーshoこと、宍戸です。

ぼくからはコラボレーションのクリエイティブに込めた想いを、少しだけお伝えさせてください。自慢に聞こえたらごめんなさい(笑)でも、ぼくたちが込めた想いが伝わり、みなさんが実際に目で見て、手に取っていただけたら、うれしいです。

今回のクリエイティブにおいてデザイナーとしてアプローチしたかったのは、2ブランドの持つ「温かみ」でした。カウカモの暮らしへの眼差しから感じる温もりと、ブルーボトルコーヒーの大切にしている丁寧なコミュニケーションから感じる温もり。

その2ブランドのコラボレーションだからこそ生まれるイメージを融合して、表現して、お客さまに届けたいと思いました。

タイトルロゴについて

file

このコラボレーションを象徴するマーク、何から連想したかわかりますか?(わかります…よね?笑)

企画のタイトルとなっている「住まい探しをコーヒーと。」。“テイクアウトコーヒーカップ”と“マンションの窓枠”のふたつをかけ合わせて表現しました。タイトル、マークともに柔らかな曲線を取り入れたのは、WEBサイトやコーヒーチケットを見てくれた方、触ってくれた方に「温かみ」を感じてもらいたいという想いからです。

WEBサイトについて

file

WEBサイトのキーカラーはブラウンにし、世界観を統一しました。コーヒーと家で用いられる木材の持つイメージからきています。

楽しんでいただきたいのは、トップイメージにある「ゆらゆら」としたエフェクトです(気づきましたか?笑)。コーヒーを片手に街歩きを楽しむ豊かな時間の流れと、コーヒーを丁寧に注ぐ際に生まれる「ゆらぎ」を、WEB上でも感じてほしいという想いを込めました。

コーヒーチケットについて

最後にお話するのは、コーヒーチケットについて。これは、初めてカウカモで内見に行った方にお渡しします。

file

これだけカウカモとブルーボトルコーヒーの想いを込めているからには、チケットがただの紙切れで終わってはもったいないですよね。

チケットを「受け取る」そして「使う」という体験を、最大限心が弾むものにしたいという想いから、チケットを入れる封筒にメッセージカードを添えました。

「開ける」、「読む」という体験をあえてプラスし、お客さまと企画に込められている想いとの接点を増やしました。カウカモでの住まい探しを少しでも特別な体験に、そして純粋に楽しく感じてもらえれば、うれしい限りです。

file

file
メンバーでチケットの梱包作業をしている様子。

最後に

再びdaichanです。コーヒーを片手に街歩きをするということ。あなたにとって、それはよくある日常のワンシーンかもしれません。それでも、「この街での暮らし」という視点が入ることで、街の見え方もバリスタさんとの会話のひとつひとつも、違って見えるはず。

今回の企画を通じて「街の魅力から住まいを選ぶ」という選択肢をみなさんが手にしたとき、住まい探しはもっと素敵な体験に変わると思っています。

コーヒーを片手に自分のペースで街を歩いていたら、いつの間にか住みたい街が増えている。そんな幸せな体験を通じて、ちょっと新しい住まい探しの旅へエスコートできれば、カウカモ、ブルーボトルコーヒー一同、最高に嬉しいです。

この企画は2月15日(金)からスタート。もしこの記事でわたしたちの想いが伝わったなら…、コーヒーを片手に住まい探しの旅へ繰り出してみてはいかがでしょうか?

さぁ、「住まい探しをコーヒーと。」

期間限定コラボレーション企画概要

期間:
2019年2月15日(金)〜3月31日(日)
内容:
カウカモでの初回内見時に、カウカモエージェントから都内全店のブルーボトルコーヒーで利用できるコーヒーチケットをプレゼント
対象:
カウカモで初めて内見されるすべてのお客さま
詳細URL:
https://bluebottle.cowcamo.jp/

※各種注意事項などは上記よりご確認ください。
※企画の内容は予告なく変更になる可能性がございます。


現在ツクルバでは、UI/UXデザイナーの募集を行っています。「想いを形にする」デザインや、ツクルバの「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる。」というミッションに興味を持った方、Wantedlyよりご応募ください。お待ちしております。